令和5年度インフルエンザ予防接種について

更新日:2023年9月22日

インフルエンザ予防接種について

 インフルエンザウイルスは毎年のように変異しながら流行を繰り返しています。これに対応するため、原則予防接種は毎年必要です。通常の季節性インフルエンザの国内流行期は12月末から翌年3月頃ですので、これに備えて12月中旬までには接種を終了することが効果的です。各個人で事前に接種を希望する医療機関へ予約し、体調の良い日に接種してください。

 予約方法

 各医療機関受付窓口及び電話・WEB等

 

接種できる医療機関と各医療機関で接種可能な年齢

・小国公立病院(1歳以上)

・おぐに整形外科(6歳以上)

・おぐにサテライト診療所(中学生以上)

・蓮田クリニック(6歳以上) 

 

 補助対象者及び個人負担金(上記医療機関に直接お支払いください)

   接種当日1歳〜64歳の方   自己負担 1,200円

 接種当日65歳以上の方   自己負担   700円

 ※13歳未満は、免疫効果を考慮すると4週間の間隔で2回接種することが望ましいとされています。

  • 1歳以上16歳未満の方は、必ず保護者が同伴してください。
  • 65歳以上の方は、主に個人の予防目的のために行い、義務ではなく本人の意思で接種を希望する場合に 定期接種となります。
  • 12歳以上の新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの接種間隔の制限はなく、同時接種が可能です。小児の方は2週間以上の間隔を空けての接種をお願いします。
注意事項
  • 人数把握のため、事前の予約と予約日の時間厳守にご協力をお願いします。
  • 1か月間に他の予防接種を受けている場合は、予診票に必ず記入してください。
  • 予診票は各医療機関に用意してあります。接種当日の混乱を避けるためにも、事前に接種についての説明書をお読みいただき、接種前までに予診票の記入をお願いします。
  • 複数の医療機関へ予約をするとワクチン準備に支障が出ますので、必ず1か所での予約をお願いいたします。

町内医療機関の接種スケジュール

  令和5年度インフルエンザ予防接種のお知らせ(PDF 約230KB) (令和5年9月22日時点)

65歳以上の方で小国町・南小国町以外の医療機関で接種を希望する場合

   事前に依頼書及び予診票を市町村より発行する必要があります。
少なくとも1週間前には町民課へ申請してください。依頼書がない場合、任意接種となり健康被害が生じた場合の保障等が変わってきますのでご注意ください。

 予診票交付申請書(依頼書・広域化)(WORD 約44KB)

65歳未満の方で小国町・南小国町以外の医療機関で接種される場合

 償還払いの手続きが必要となりますので、印鑑、領収書、振込先がわかるものをもって町民課までお越しください。ただし、補助の上限は以下の通りとなります。

  • 1歳〜64歳の方 2,900円を上限とし、接種金額より1,200円を差し引いた金額
  • 65歳以上の方  3,400円を上限とし、接種金額より700円を差し引いた金額

インフルエンザ予防接種償還払い請求書(WORD 約27KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

小国町役場 町民課 健康支援係
電話番号:0967-46-2116