小国のこと

更新日:2017年6月30日


「この町なら、わたしも大丈夫かも」

 

小国暮らしを楽しむ先輩が、この町にきて最初に思った印象が、

それだったそうです。

 

阿蘇山のすそ野に広がる豊かな自然。

源流の森から生まれたばかりの、きれいな水と空気。

お留守の家の玄関に届く、まだ湿った土付きの野菜たち。

24時間入れる温泉に、星だけが光る本物の夜。

ご近所さんにお塩を借りにいける、あたたかな距離。

 



この小さな国には、そんな田舎暮らしの小さな喜びが、

たくさん揃っています。

 

何があっても大丈夫。

 

町の取組みにも、暮らしている人にも、

どこか芯のある空気感があります。

 

そんなおおらかさや、生きる力の強さに惹かれて、

移り住む人が多いのかもしれません。

 

”この町なら、わたしも大丈夫かも”

 

今度はあなたがそう思ってくれたなら、

暮らしの窓口でお手伝いできることがありそうです。

 

本を読むように、サイトのページをゆっくりめくってみて下さい。

 

気になることがあればしおりを挟んで。

お電話でも、メールでも、お気軽にお問合せください。

 

小国暮らしの窓口

0967-46-5560 / ogunigurashi@gmail.com

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。